« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

最近の家電は

数年前、機能がいろいろ付いているCDラジカセを買ったとき、説明書を見ないと録音の仕方がわからなかった事に軽いショックを受けました。

だって、ラジカセだよ。普段フルオーディオだって使っているのに、たかがラジカセで録音ひとつできないなんて。
アタマが老化してきたんじゃないかと心配になりました(^^;

便利になった反面、メーカーごとに独自の機能が進歩しているせいか複雑になった気がします。録音ボタンを押せばよい、というわけじゃないんですね。プログラム機能もややこしいし。
もともと、説明書をじっくり読むのではなくまず動かしてみようというタイプのわたし。あちこちいじりながら説明書を斜め読みし、実践で覚えるのが一番忘れにくいというのもありますが、そんなに複雑な家電が今まではなかった、という理由も大きいです。マックだって説明書読んだことないですもん。

今回の引越しでスカパーチューナーとDVDレコーダーが加わったわけですが、これは接続の段階からお手上げでした。
部屋にはアンテナ回線が3つあるのですが、スカパーチューナー(光ファイバータイプ)とDVD、TVのアンテナ配線をどうするかしばし悩んだのですよ。アンテナ回線の2つはTVから離れたところにあるから、長い同軸ケーブルを買ってこないとちゃんと繋げないという事だけはわかりました(笑)。
スカパーだけ繋いで楽楽チャイナを観ながらDVDの解説書を眺めましたが、これまたすっごく複雑。

だいたいにして、DVDのタイプが理解できていません。DVD-RWのVRモードって何よ(^^;
購入予定はあったものの、引越しでビデオデッキが壊れた為に急いで買いに行った状態。予備知識もなく、どれがいいのか全くわかりません。Tメーカーだけはやめよう、とおもっていたのに、店員の「他のデッキでも見られるようにするにはTしかないですよ」という言葉を信じてTメーカーのを買ってしまったし。
考えてみれば今回急いでDVDレコーダーを購入したのは(決して機動警察パトレイバーを録画するためではなく)母が「冬ソナ、冬ソナ」と楽しみにしていたからであって、実家のプレイヤーはDVD全タイプが観られるSメーカーの物を買ったのだから何も問題はないはずなのです。

ああ、買い物の仕方も老化してきたような(- -;

理解するのは諦めて、予約録画だけセットしました。ちゃんと撮れました。
でも、皿に焼くのが・・・

週に一度、埼玉への通勤が片道2時間になったのでDVDレコーダーの説明書持参で電車に乗り込みました。
でも、まだ録画したものにタイトルを付ける事すらできません。
この複雑怪奇なボタンがいっぱいついたリモコンはどうすればよいのでしょうか(- -;

みんな、最近の家電、サクサク使いこなしてる?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

引越しまだ片付かず

週末に引越しをすると日曜の夜までにはなんとか片付いている、という人が多いってホント?

今回の引越し、土曜の14時に引越し業者さんが来ました。午後一番というとこの時間になるそうです。事前にダンボールを60箱もらっていたのですが、前日夜中に全然足りないことが判明。当日10箱追加してもらい、すみっこでせっせと詰め込み作業しました。

ダンボール70箱かい。きん○んさんじゃあるまいし(^^;

現地に着いたのは17時半過ぎ。小さめのトラックが使えなかったという事で、表の道路に停めて結構な距離を台車で地下の専用エレベータまで運ばなくてはならない様子。3人で来た引越し屋さんは5人に増えていました。

土曜日:浴室洗面所の小物を収納、リビングのTVをセット(母が冬ソナ関係を観る真っ先にやらねば)、台所の整理をする。
日曜日:片付けは台所しか進まず。
ソファとダイニングテーブルが届く、アンプとチューナーとCDプレイヤーが届く、スカパーチューナーも届く、フラットスピーカーも届く、という状態で慌しかったです。

スピーカーは先日書いた会社のもので、社員が配達と設定に来てくれました。社員と言っても三人くらいしかいないんじゃないかなあ。こぢんまりした会社でマニアの域を超えた社長が変わったスピーカーを作っている、という感じです。だから、オーディオの設置もついでに全部お願いしちゃいました。
オーディオラックを組み立ててもらっている間にチューナーやアンプを箱から出してみます。30年前のFMチューナーと20年前のCDプレイヤー(笑)。
学生時代に父から譲ってもらったフィリップスのCDプレイヤーは、マランツ社が日本マランツとなった初期の物なのでベルギー製。スピーカー屋さんが「貴重ですから大事にした方がいいですよ」と教えてくれました。
値段が高い、というのではなく、もちろんマニアックな価値ですね(^^;

フラットスピーカーは真空管アンプじゃないといい音が出ないので、予定では父が自作したアンプを繋ぐつもりでした。ところがプリアンプの調子が悪く、急遽アキバのサトームセンでオーディオスペース社の真空管アンプを購入する事に。イコライザーが入っていないので、マイクロのターンテーブルは繋げません。レコード聴きたかったのになあ。
アナログ時代のアンプしか知らないので、そういう事がちっともわかりません。ついでに外付けのイコライザーが安く買える、という事も知りませんでした。

さて、設定が終わり、視聴となりました。
バランスをみるために「なんでもいいからボーカル曲ください」と言われて用意したのは黎明。新しいスピーカーから流れる、腰がうにょんうにょんしそうなリヨンの歌声。でも、ダンボールの一番上にあったんだもん。

部屋の真ん中に設置したスピーカーは、部屋のどこにいてもちゃんと聞こえます。もちろん反対側に座ると左右は逆になりますが、いい音です。
クラシックにしか向かないスピーカーかと思っていたら全然違いました。ジャンルを選ばないんですね。コルトレーンのサックスを聞きながら夜景を眺めると、あらーなんてロマンティック♪
こりゃー視聴会を開かねば!


なーんて事ばかりやっていたら、今日はほとんど片づけが進みませんでした。
クリスマスは段ボール箱とデートです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あまり印象はよくなかったのですが

引越し先では「生きてる扉」のブロードバンドマンション接続が可能らしい。
わからないところもあるので、さっそくサポートセンターに電話してみた。

目的の担当者に繋がるまでは愛想のない音声案内。最近どこでもこんな感じなのかなあ。
選択も5つめくらいになり、ようやく終わりそう。「無料インターネット接続に関するお問い合わせは1番、有料~は2番」というので、迷わず2番を押した。もういいかげんオペレータに繋いでくれるでしょ。

ところがまたもや流れるアナウンス。「有料INET接続に関するお問い合わせはホームページから探してそっちの電話番号にかけてください」そしてそのまま通話は終わってしまった。
をいをい、ジョーダンじゃないよっ。ここまで来るのにどれだけ待たされた事か(当然、フリーダイヤルではない)。INET接続する為に電話してるのに、HP見ろなんて言わないでよぅ。その番号くらい教えてくれたっていいじゃん。
仕方がないのでかけなおし、適当にボタンを押して出た人に「ブロードマンション接続関係は何番ですか」と聞いてしまった。

こういう事ばかり起こると、サポセンに電話するのがユウウツになる。ついさっきだってNTTに移転の届けをだそうとしたのにいやーな気分になったからなあ(土曜日に移転希望したら、不可能なわけじゃないのにしつこく「混んでる」「費用が3割増しになる」などウダウダしゃべったあげく「今ここでは新しい電話番号がわかりませんから」と言われてしまったのだ。低姿勢でしゃべって損した、と激しく思ったよ)。
顔が見えない電話だからこそ、クレームつける場合でも気をつけてオペレータが不愉快にならないよう話したい。でも、当のオペレータにもう終わってんじゃないか、という人が増えてきたのも事実だと思う。

「生きてる扉・ブロードマンション」は決して安くない。前の住人も契約していたからすぐに簡単に使えると思ったのに、またいちいち「工事費」がかかるのだ。
初期費用 39,800円(1GBは98,000円)
月額利用料 2,980円
レンタルルータ月額使用料 500円
そうして怖いオプション工事。「生きてる扉」の指定工事業者が宅内オプション工事を施工する、とパンフレットに書いてある。内訳は
1.宅内天井内配線工事費 配線長10mまで 17,500円
  点検口工事 1箇所当たり           25,000円
2.宅内露出配線工事 配線長5mまで     10,000円
その他出張費 30,000円

あのさあ(- -;


| | Comments (2) | TrackBack (0)

引越しします

川沿いのマンションに引っ越すことになりました。
川の側はダメだとか日光が射さないとダメだとか言われますが、少なくとも来年は川から運気が流れ込むらしい私、ちょうどよかったのではないかな?
リビングの窓が北東向きという以前では考えられないような間取りの部屋ですが、これまた来年は鬼門から運気が入ってくるからいいらしいです。川に反射した陽の光で結構明るいし。

引越しにお金がかかるので家具まであまり手が回りませんが、そのくせ全て買い換えようなどと企んでいます。だって長年使っている箪笥だとか食器棚だとか、もうボロボロなんだもん。
しばらくはベッドも買わずに布団生活ですが、リビングのソファーとダイニングテーブルだけは買いました。
それから、アキバの片隅にある専門店でフラットスピーカー。もう、これを置きたいが為に引越しを考えたと言っても5割ほどは当たってるでしょう。ロックやポップスにはあまり向かない、地味な音になりがちなクラシック用のスピーカーなんですけどね。
FAL ここのSupreme-D×2を買いました。社長がいい人なのよ~☆


そうそう、リビングの隣には5.5畳の部屋があり、先日みんなで見に来たときに「茶藝館みたいにしよう!」と盛り上がりました。
李朝の家具を見るのも楽しいけれど、やっぱりすぐには買えません。引っ越してしばらくのあいだ、ここはダンボール(未処理未開封)置き場になることでしょう。

引越しは18日。
ダンボール詰め隊募集中です(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

惜しいっ!迷誤訳

新しい住処への引っ越しまで、あと2週間。
片づけも佳境に入っているはずが、発掘されたお宝に気を取られて全然進まないというのはいつもの事です(^^;

この週末は「ちょびっツ」を観て過ごしてしまいました(汗)。

日本の作品に(やっつけ仕事で)中文字幕が付いている場合、時々翻訳が妙な事に気づきませんか?
もちろん漢字の拾い読みなので全てわかるというわけではありませんが、これで観ている人たちに意味が通じるのだろうかと思うことがあります。
「夏は入試の天王山だ!」を「夏は一生懸命勉強しなくちゃ」と上手く訳している物があるかと思えば「(夜の)おカズ→點心」「変な想像→奇怪的少女(へんな少女)」「模試→如果(if,もしも)」
という具合。
「おカズ」は後半「好東西」といううまい訳に変わっていましたけど、少女という日本語はヲタクの間では普通に理解される言葉になっているのかな?

さて、積み上げた雑誌には目を通さずにそのままヒモで縛って捨てなきゃ!捨てるぞ!捨てたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »