Main | August 2004 »

July 2004

映画を安く観る

週間少年マガジンに連載されている漫画で、金持ちになる方法を学ぶ授業というのがあります。
ちらっと見ただけなのでうろ覚えなのですが、その中の話題のひとつ。

ビンボーな一般人は試写会や前売りチケットを買い、並んで観る。
年収2000万円クラス?は六本木ヒルズなどの指定席でゆったり観る。
年収数億円クラスは出演者と一緒にプレミアム試写会を自分で開いて観る。

最近試写会によく応募しているわけですが、年賀状や暑中見舞いハガキがどっさりあまっているのでそれをせっせと使っていたりします。1作品に3枚くらい出せば当たるので充分モトは取れていたのですが、最近ちっとも当たらなくなりました。これじゃ普通にチケット買った方がいいくらい。

映画の日、というのが広まってきて、1000円くらいで見られる日が増えました。
毎週水曜のレディースデイ、毎月1日の映画の日、22日は夫婦の日(東急系ではカップルで行くとひとり1000円)、そして池袋では毎月29日が映画の日。
そして近頃いいなと思っているのが映画の株主招待券。穴場のチケットショップでは月末になると500~200円と投売り状態。キングアーサーは800円で観ることができました。このチケットショップ、なんと松竹系は激安なんですよ、奥さん。東宝系は安くないですけど。

平日に観に行けるならこういうのがいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛に引かれて善光寺まいり

zenkoji1.jpg
尊勝院で精進料理のおひるごはん

連休は信州への職員旅行でした。
9時に出発、いつものサロンカーでは朝から酒盛り(^^;
お昼ご飯は松本市内の「花とびら」にて、創作懐石料理とやら。
ウリの冷たいスープ、前菜(スモークサーモンや卵焼き、キャベツロール)、古代米ごはん、みそ汁
焼き魚、デザート、コーヒー。
団体旅行でこれだけのものを食べられるのは嬉しいなあ。でも盛りつけはおしゃれだけど味は普通。時間ぎりぎりでバタバタしちゃった感じ。並んで待っているお客さんもいてにぎわっていました。

今日のお楽しみは上高地でしたが、いい天気なので道路は激混み。昼過ぎにノンキに出かけていっても車はちっとも進まず、途中で引き返して松本城に向かうことになりました。他にも団体さんを乗せたバスが何台も予定をキャンセルして戻っていったみたいです。

宿は浅間温泉のウェストンホテル。
好きな柄のゆかたと帯を選んで着られるのだけど、だーれも着付けできない(笑)。
香港で浴衣着たはずのわたしも全く覚えていない(^^;
風呂上がり、仲居さんに着付けてもらって阿鼻叫喚の宴会へ。
なんだかんだと2時半まで飲み続けたのでした。

翌日は6時半に起きて朝のお風呂。すっきり目覚めて二日酔いもなくラッキー♪と思ったのもつかの間、すごい脱水!でもアロエ塩と温泉でカラダはぴかぴかになりました。

2日目は善光寺詣でです。東北人のわたしは善光寺に行くのは初めて。
仲見世から山門に続くにぎやかな通りも歴史を感じさせる本堂も真っ暗闇のお戒檀もぐるぐる回る経蔵もよかったけれど、お昼ご飯をいただいた尊勝院のご本尊である当麻曼陀羅にとても感動を覚えました。
みんなご飯食べたらさっさと土産物屋に向かったけれど、なにげなく手に取ったパンフに曼陀羅の事が書かれてあったのでお願いして拝んできたのです。鎌倉時代の曼陀羅。ありがたく貴重なものを見せていただきました。

というわけで生きてるうちに一度は善光寺。
次はぜひ、伊勢神宮にも行ってみたいものです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

7月14日の弁当

bento1.jpg
帰りに遊びに行くので使い捨て容器

オクラとハムとクリームチーズの和え物
本当は鰹節と醤油でオクラを和えたかったけど鰹節がなかったのでめんつゆで味付け。
鰹節が切れていると言ったら関西人に呆れられそうだけど、東北人は煮干しでダシを取るんだもん(^^;
想像以上においしかった♪

シーフードマリネ
しめじと冷凍シーフードミックスを炒めて、オリーブオイルとバルサミコで味付け、プチトマトを加える。

チキンナゲット
マックのお姉ちゃんの呼び込みにつられて100円で購入(笑)

ネタが続かないので食べ物の話題ばっかり。
でも今日は仕事帰りに韓国ホラー映画「箪笥」の試写会に行って来ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

繕い物いたします

職場の制服(笑)はうわっぱりみたいなもので、結構丈夫。自前のヤツはもう5年以上着ているかもしれない(^^;
今日、腕をぐるぐる回して肩のコリをほぐしていたら「あらーちょっと気づいてた?」と指摘され、脱いでみると脇の下がほつれてびろーんと穴があいていた。

ミシンでまつり縫いしてある縫い代がもうボロボロにほつれていて、縫い目の方にまで影響したらしい。決して太ってビチビチだから破れたのではない←ここのところ、重要ね。

生地は丈夫でも糸が限界なんだなあ、5年も6年も着ているからなあ。
他に何着もあるけれど捨てるのはもったいないので、ちくちくと修繕。
つくろいものなんて最近聞かなくなった言葉だよね。繕ってまで着続ける事なんて今はもうないもん。
「昔は靴下に電球入れてかがったりしたものよねえ」
という大先輩、私が縫ったのがあんまりお粗末なのでほどいて縫い直してくれました。

きょうの晩ご飯は昨日の煮物に一口大に切って揚げたナスを足して5分ほど煮込んだやつ。残り物活用の節約料理かも(笑)。
ナスって揚げるとおいしいよねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のずぼら料理

koyatofu.JPG
高野豆腐の煮物風

さつまあげ(今回は枝豆いりの練り物)をテキトーに切り、めんつゆをテキトーに薄めて作っただしに入れる。
ちょっと煮て味がしみてきたら高野豆腐を入れてまたちょっと煮る。今回使用したのは一口サイズに切ってある高野豆腐なので、袋からそのまま鍋に入れればOKというお手軽なもの。
冷凍してあったいんげんを水で洗い、鍋に入れてまたちょっと煮ればできあがり。
30分くらいでできちゃった。
練り物から結構いい味がでるので、だしは薄目にしたほうがいいでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

爺さん復活

上京してもうすぐ3年、もともと狭かった部屋はモノがあふれて限界に近い。
ノートブックすらまともに拡げて作業する机がなく、HDDがクラッシュして入れ替えた"爺さん"ことPowerBookG3はOSもインストールされないままほったらかしになっていた。
しばらく使っていたのはiBook。爺さんがOS8だったのにいきなりOSXになったので未だに使いこなせていない。ファイルを整理しようにも自由にならない感じがする。デスクトップにファイルがずらりと並び、まるで窓機のようになっている。自分の好きな感じにカスタマイズできず、マックに使われているような錯覚さえ感じてしまう。

自分が愛してきた、もっともマックらしい本当のマックはOS9までなのかも知れない。

OSXではクラシック環境といってOS9を呼び出して使うことができるのだが、これが極めて不安定。OSXでは動かないアプリがたくさんあるのに、うちのiBookではクラシック環境がほとんど作動できなかった。
やっぱりOS9に戻ろう。長い冬眠に入っていた爺さんを復活させよう。

▼iBookをJaguar(OS X v10.2)からPanther(OS X v10.3)へアップグレード
ろくに使いこなしていなかったが、アップグレードしたほうが使いやすいかもしれない。きっとそうだ。モタモタしてるとPantherの次にPumaとかGiraffeなんてのが来てしまうかもしれない。
フツーのUSB外付けHDDを買ってしまったので、バックアップにものすごく時間がかかった。

▼爺さんにOS9.2をインストール
パーテーションを切る場合、1コめの容量に気をつけなければ2個目にシステムを入れても起動できない、という問題がどっかにあったような気がする。とても大事なことなのに忘れてしまった。
検索してようやく見つけた「8GBの壁」。
"MacPeopleに載ってた情報をまとめると、「ボンダイブルーのiMacに8GBを超える容量のHDDを内蔵すると、起動できなくなる場合がある。その条件は起動に必要な書類がHDDの先頭から8GBを超えたところにある場合。」ということになります"との事で、「HDDの先頭から8GB以内に起動システムが無いと起動できない」ということらしい。
今更確認してもHDDは8MBのところで切ってしまったしなあ。機種による問題らしいので、気にしなくてもいいのかもしれない(いいかげん)。

▼爺さんに若い頃のデータを移籍
SCSIのみでUSBポートなるものなど付いていない爺さん、いまどきの周辺機器を接続するにはUSBアダプタカードを使わなければならないのだが、PCカードスロットの調子が悪い。差し込みにくく抜けやすい。PCカードのみ認識し、そこから先のカードリーダーなどを認識できず。

▼爺さんを銀座の蘋果本店に連れて行く
銀座のアップルストア。店員もディスプレイもかっこよく、秋田出身の田舎の年寄りである爺さんには敷居が高い感じだ。2階のカウンターで診察の申し込みをしたが、問題のPCカードを持ってこなかったので診断不能。
店舗にある別のカードは難なく出し入れできたので、おそらく手持ちのアダプタカードがゆがんでしまったのだろう。

▼有楽町のビッグカメラで爺さんの身の回りの物を買う
iBook経由でバックアップデータを移すため、クロスケーブルを買う。MOも買おうとしたら2万円もするのであきらめ、USBアダプタカードのみ購入。
しかしここで重要な点に気づく。
爺さんにはUSB Card Support(ドライバ)をインストールしていなかったのだ。認識されなくても当たり前だったのだ。

▼とりあえず、iBookから爺さんにデータ移行
・・・4時間ほどかかるみたいなので寝て待った。気づいたら3時半、暗闇に2台のモニターが輝いていた。

▼ドライバをインストールすると、ちゃーんとアダプタカードが認識された。買ったやつはビッグカメラに返品しよう(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | August 2004 »